Home > おでかけ・旅行

おでかけ・旅行 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

アンバランスな町

日曜、親父と親父の友人で日頃大変世話になっている方との「二人展」が地元のギャラリーでやっているとのDMが来たので行くことにした。電話でもなく、メールでもなく、ただいろんな所に出すDMでだけ案内が来るというのが、コミュニケーションがお互いに苦手な親子関係を物語っている。

私の地元は飯塚市という田舎町であり、育った町でありながらなぜか帰るとそわそわして落ち着かない。地元に戻ってもすぐにトンボ帰りをする事が多く、商店街などをぶらぶら歩くことはほとんどない。だから本当に久しぶりだった。といっても商店街の半分位しか歩いていないが。

商店街は何年か前の水害により、シャッター商店街の様を呈しているのではないかと思っていたが思ったほどではなかった。人は少ないもののちゃんと生命感がある。

iphone 175

飯塚という町は江戸時代は、長崎街道の宿場町として栄え、その名残としての宿場祭みたいのああったのを記憶している。本町商店街にあるこの「冨久荘旅館」は、昔っからあり、その宿場祭りで絵に描いた事もあったので「あっこれまだあるんだ!」と驚いた。

なんだか嬉しくなりちょっと入口まで行ってみたがどうも今は営業してないようだ。。。

ここは縦の構図が素晴らしい。
この旅館の奥の部屋で友達がギターを習っていたような記憶があるが
違ったかなぁ???

iphone 169
そのすぐ隣の時計屋さんとの路地。
奥に黒猫の姿が見えた。

iphone 174
すぐ向いの福岡銀行。
昔から銀行だったかは知らないが、頑張れよーという気になる。

iphone 172
本屋の上で鳴っていたからくり時計。
かなり凝ったつくりで、音楽も荘厳。
街道の時代を物語っており、最後に時計が元に戻った時
それを見ていた見知らぬ人達と思わず拍手(笑)



iphone 171

iphone 173
飯塚といえば、なんといっても「味覚焼」だ。
ひよこの吉野堂の本店とかよりも一押ししたい
これだけは食べて帰りたいと思うもの。

簡単に言えば蛸なしメリケン焼きなのだが、
だしのきいた生地にねぎも入って魚粉がたっぷりかかっていて
すごく美味しい。

店内のメニューはこれと
ところてんだけ。

大人気なのでひっきりなしに人がきては持ち帰りで2パック
4パックと買っていく。

ソウルシンガー、ダニー馬場さんも推薦していた。


飯塚と言う町は炭鉱町でもあり、
その時に栄えたおかげでいろんな産業や文化が他の田舎町よりも
入ってきた。

芸ごとが見たいが為の嘉穂劇場も、
公営ギャンブルとしての飯塚オートも、
お金持ちが多く砂糖が入ってきたが故、お菓子工場も。

麻生総理も生まれは飯塚だし。
(関係はあるようなないような)

過去の繁栄とその後次第に衰退していった感じが
この町のアンバランスさを醸し出しているのだろうかとちょっと思った。


飯塚といえば、
いつも立ち寄ろうと思いつつ、ちょっと勇気がでない場所がある。

主にサックスの修理をしている「パンパイプ」さん
石森管楽器で修行された店主の方が約30年くらい前からここで営業されている。
アメセルユーザーの方なら大体知っている店というくらい有名。
プロミュージシャンもご用達らしい。

いつかここにお世話になる人間になりたいなぁ・・・。
(つまりはアメセルが欲しいって事ですが)



管楽器修理店「パンパイプ」
http://wing2.jp/~panpipe/index.html

数字で見る韓国

韓国旅行中、現地のバスガイドさんが色々と韓国の国事情を教えてくれました。

興味深いものもあったので、客観的に数字でみると考えさせられるものもあります。

●韓国の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は21.5人で、経済協力開発機構(OECD)加盟諸国の中第一位。昨年、自殺者数は1万3407人で、1日平均37人。livedoorニュース・中央日報

●大学進学率は83.8%で、去年(82.8%)より1%ポイント上がり、歴代最高値を更新。Innolife.net

●出生率、世界でもっとも低い1.26人(イタリア1.32、日本1.34、フランス2.00、アメリカ2.05人 (2007年))
社会実情データ図録

●韓国の家(日本でいうマンション)を1つ売れば、カナダで7件の家が建つ?!(ガイドさんの話)
参考→韓国の住宅バブルは崩壊するのか・日本不動産ジャーナリスト会議

韓国は小さな頃から塾に通い受験戦争、そしてそれに勝った一部の勝ち組の人はエリートとしてホワイトカラーの職に従事する。しかし国の経済状況は良くなく、大卒でも職がない人も沢山。そんな状況に絶望したりで自殺する人が後をたたない。結婚するにはそれ相応の稼ぎがないと出来ないらしく、それにより晩婚化が進み、将来の不安もあり少子化がすすむ。
韓国の不動産売買は、韓国独自のもので、説明を聞いたがよく分からなかった。
とにかく今でも住宅に関してはバブルが続いているそうである。だから、数年前に家をもっていた人と持っていなかった人との貧富の格差が激しいという。

日本の社会の歪みも今ひどいものがありますが、韓国はそれ以上に激しいようです。
子供の将来は親がどれだけ子供に対してお金を費やす事ができるか、という事にかかっている。だから自分が不幸になったのは、親のせいだという事になるらしいです。

…厳しいですよね。高齢者の自殺者が増えるのも頷けます。

という事で(どういうこと?)
1週間に渡って書いてきた韓国旅行記はこれにて終了です。
仁川空港


初体験!実弾!

明洞実弾射撃場

明洞実弾射撃場という本物の拳銃で実弾を撃たせてくれるところがあり、こんな機会はないと思い行ってきました。外国人専用の射撃場という事で、現地スタッフはみなさん日本語が上手。

まずは拳銃選びから、ひとつづつ説明してもらい、一人は不二子ちゃん、一人はアンジェリーナジョリー?一人は誰だっけ?(笑)
で私は、ジャックバウワーにしようかと思いましたが、リボルバー式のものが打ちたかったので、結局次元使用のマグナム「357 MAG RUGER GP 100」にしました。10発プラス2発サービスクーポンで、計12発。みんなは40000W(約4800円)私だけマグナムという事で50000W(6000円)

ベストとヘッドホンみたいなのを着けいざ!

重っ!

照準を合わせ

ドン!




撃った瞬間はどこを撃ったか、自分で分からない。。。

衝撃はやはりかなり強いものでした。

徐々に慣れてきたので、後半的を心臓ではなく頭を狙って



で終了すると

はい、ではあちらで採点します。と

え?そうなん?知りませんでした(笑)

結果93点。
合格だそうです。

最後まで真ん中狙っていればもっと点数上がっていたと思うんだけどなぁ
と一応言い訳しておきます。



DSCF5281.jpg

DSCF5316.jpg


結果
↑おれの結果。終了すると自分が撃った拳銃のバッチがもらえます。


巨大楽器屋ビル「楽園商街」

巨大楽器屋専門ビル「楽園商街」概観
1日目、仁寺洞(インサドン)という場所で少しの自由時間があり、ここぞとばかりに調べていた楽器屋へ一人で直行ダッシュ!なんせ20分足らずしかないのだ。

このビル下が6車線くらいの道路で、道をまたぐ形で建っている。
写真では伝わりにくいが、かなりデカイ!奥行きも長い!
左に見える非常階段のような所から入ると、いきなり1坪の楽器屋が両サイドに、そして通路にもびっしりと並ぶ。

ソウルという街は、ほとんどがこのように専門店が集まる形で出来ており、ペットならペット街、電気なら電気街、おもちゃならおもちゃ街のように、あるところにはあるが、そこを地区を外れれば全くない、というような事らしい。

楽器も例外ではなく、このビル以外ではこの付近に1件YAMAHAの看板を発見したくらいだ。ソウル中のミュージシャンが集まると言っても過言ではないだろう。

ビル内
ずっと奥まで楽器屋

長い!
まだまだ楽器屋!

正直ギターとかはあっても、サックスはあんまりなかろーねーと期待していなかったが、

滅茶苦茶ある
サックス!

やたらある!
スゲー!スゲー!あるやん!

とテンション急上昇で、いきなり店内に踏み込む。
いきなり店主に捕まる。

<まぁ座れ、お前なにを探している?>

<べ、別に買う気はないんだけど、ちょっと見に来ただけっすよ。>
ってな事を言えればいいものを、言えんもんだから参る。

紙とペンを出され、しかたなく、
<俺テナーサックスを吹いている。セルマーMARK6はあるか?>
みたいな事を英語で書いてみる。

店主はOK!見たいな顔をしていきなり携帯で電話をはじめ、どうやらそれを売っている
別の店主に聞いているようだ。

店主紙に書き始める。
12,000,000W~15,000,000W

た、高けー!
120万~150万円って事かよ!

そんだけあったら石森で買うっちゅうねん!
無理無理無理無理。

そそくさと店を出て他の店に入るも、どの店もほとんど値札がない…。

いちいちこれいくらだと言うのは大変だ!
マウスピースも持ってきていたけれど(紛失したら嫌なのでヤナギサワ奴)試奏は諦めた。


時間が無く2階のフロアーをぐるっとまわっただけで終ってしまった。

3階も同じように楽器屋らしい。

時間があって、ハングルか英語をしゃべれて、ちょっと冒険したい人はおもしろいかも。
掘り出し物がみつかるかもよー☆



サックス!

なぜか不思議とバイオリンとサックスを同じ店で売っているところが多かった。
写真を見て気づいたが、サックスの横にあるのは尺八?違うな、なんだろ?
尺八?

韓国ジャズ事情(ウワサ)

はい、只今ソウル(の予定)です。

今日は楽器屋さんに行く予定です。
楽器屋さんというか楽器ばっかりが入っているビルがあるらしく、そこに行ってみます。

マーク6がこんな値段で?

なんて事はありえんでしょうが、ま、行って見ましょう。

韓国のジャズの事情をネットで調べていたのですが、
日本は敗戦後にアメリカから入ってきたわけですが、韓国はその頃も戦争をやっていたので、それどころではなかっただとか(よく調べていません、ごめんなさい)、とにかく歴史は浅い訳です。
ただ徐々に一般の方にも受け入れられて来て、ソウル市内でも何件かのジャズクラブがあります。

そこの一つにいってみようかと思いますが、どうもあたり外れがあるらしいのです。

そのひとつは、韓国の方はジャズを聴きに行くというより、BGM的にジャズを捉えているらしく、あまり演奏に耳を傾けない、携帯で大きな声でしゃべる、演奏者の前を平然と横切る…等などジャズ好きの人にはあまり嬉しくない状況があるようです。

ただこれも人の噂話ですから、よかったという人もいますし、これも行って見ないと分かりませんので行ってみる事にしましょう。


もしかしたらオカマバーに行き先変更もありえますが(笑)

何を今さら

ソウルやっぱり行くのやめちゃいました。



というのはウソです(笑)
今頃焼肉食っているはずです。
予約投稿ってのをやっています。

実際のところは今金曜朝の6:30です。
荷造りが終わったところです。

8:30空港です。
10:30離陸です。

集合時間早すぎです。
せ~め~て~9:00、中学生じゃないんだから・・・。


昨夜どうしても盛り上がらない気持に焦りガイド本を買いました。。。
出発前夜です。
ダイソーでトラベル韓国語も買いました。

ブログを読んでくれている人には分かりますが、
この本を買う前の前の日、本屋には寄って「編集会議」なんて買っているわけです。
その時に買えばいいものを旅行雑誌コーナーには寄りもしていないという・・・。
いかにほったらかしていたかが判ります。

ネットで調べたのは楽器屋さんとジャズクラブだけ。
いろいろアドバイスもらったのにすいません。

帰って楽しい旅行記が書けるといいなと思います。

ガイド本

合宿(楽器なし)二日目つづき

ソーメン流しを横目に見ながら、なにか美味しいものを食べにいこう!と車に乗り込みいざ昼食へ。

「そばが食べたい」というバンマスの提案で、そば食べようとそば屋を探し県道をドライブ。浮羽のこの辺りは今まさにぶどう狩りの季節でぶどう園から直接宅配できるようにクロネコヤマトの幟はよく目につく。「ぶどうもいいが今は腹が減った、そばそば」と道路際のそばの看板を探しまわる。

30分くらい走っただろうか・・・なかなか見当たらない。
しかしそこにそば屋の看板発見!
こげ茶の板に白い筆文字で「そば」と書いてあるそれは、そうやく登場した目的地だ!
安心安心。この先2キロだ。

と2キロ走ったところでようやく通りから少し入ったそば屋の店の前に到着。

「ついたね~腹減った~」と思ったところに店の前に何かぶらさがっている。



「1ヶ月休業します」



なんやそれ~1ヶ月かよ~あ~ぁ。

という事で一度盛り上がった気持ちを抑えて別の場所に移動。
しかしもうこの時点でそばじゃなくても何でもよい気分にみんななっていた。

ここにくる途中あまり店をみかけなかったし、ちょっと戻ったところにある喫茶「萌え○」で、パスタかカレーでも食べよう、しょうがないそうしよう!

そしてその店に入るが・・・

「11名さんはちょっと・・・」といきなり店のおばさんが渋る。

いやいや11名の団体は一つにはまとまれない事くらいは承知しているので、別に分かれてもいいですよバラバラで。とこちらが言っているのに、店のおばさんはなんか渋っているのだ。
こっちはお腹へって段々気がたっているんだけど、大人なのでやいのやいのは言わずに「奥とこっちと別れますね~」といって半ば強引に着席。

お冷とメニューが出てきて選ぶ。今日のパスタが「トマトとベーコンのパスタ」だったかな?それにしよっ!パスタパスタ!と腹が臨戦態勢になったところで、そのおばさん

「食事はできないんですよぉ~~~」

だって。

11名もいっぺんに作れないんで・・・

とか濁され、あ、そうですかじゃぁ出ます。とゾロゾロと店を出る。
じゃぁメニューから食事外しとけってんだバーロ!
まったく、どうなっとんのや!と内心イライライライラ

じゃぁもう何でもいいや
「お食事処 すいせん」と書いてある、安っぽい看板の方へと走る。
本通から細い道に入り山の方へ。
何か「カツどん」とか「うどん」とか「ちゃんぽん」とか伸びた麺が出てきそうな嫌な予感。

ようやく店につきそうだ、と角を曲がったところで一同

「何ー!!!!」

店が・・・無い

いや店はあるけど潰れている。
しかしその店は「お食事処 すいせん」ではなく「山・・」なんやったか忘れたが
そんな事はどうでもよい、とにかく無いのだ!
あるのは干上がったプール。もう訳が判らん。

だんだん呆れて空腹を通りこして笑いに・・・・

看板が本当の事を言っているのではないのだ、看板は信用できねぇぞ!

最初のそば屋もだいたいいつから1ヶ月やっちゅうねん
1ヶ月たってもきっと開いてないぞ。そうかそういう事か。

という事で信用出来無い県道沿いは諦め、国道へ出る。
もう店を探しだして1時間はとうに越している。
こうなったら信用できる処にしようと作戦会議。

「こっから5キロくらい走れば道の駅があるのでそこにしよう」
と結論が出る。道の駅だったら大丈夫だろ。

車内に安堵感が流れる。
やっぱり信用が一番。商売は信用だな。

とか言ってないけど(笑)道の駅への道のりで
「あの看板は嘘だ!潰れているに違いない」とか悪態をつきながら
もうじきありつける食事へ期待を膨らませる。

到~着。やっとついた。
人多く、駐車場が一杯で駐車できんかとちょっと焦ったが大丈夫。

さてと・・・・・・なんにしようっかなぁ~~~


「えぇぇ~~~~!!!」

ありえん。

「都合によりレストランの営業は行っておりません」
だと。

道の駅お前もか!


町がグルになって俺たちに飯を食わせないようにしてるんだ!
とか被害者妄想が膨らんでひどい事になってきた。

これでももう何件目だ?


こんなこともあるんやな・・・。

結局、次営業してて、11人入れそうなところにどこでもいいから入ろうと探していたら
そば屋があり、そこで本当にようやく食事にありつく。長かった~。


おばちゃんの「いらっしゃいませ!」がなんと嬉しかった事か。

●ここが食事にありつけたお店「花遊」
花遊

●店内のポスター、今昔キャンペーンガール
今昔キャンペーンガール

●腹減りで既に何口か食べちゃったおろしそば。
そばは手打ちで打ちたて、おろしはピリッと辛くて美味しかった。
おろしそば(食いかけ)

●みんな完食!良かった良かった
完食!

●お店のアプローチにはかぼちゃのアーチがありましたよ。
かぼちゃのアーチ

この後小石原に寄って帰路へ。
俺のチャリが無い!騒動もありましたが、結局見つかったのでセーフセーフ。

幹事のあやや、しげげ、ドライバーのお二人、そして他のメンバーお疲れさんでしたー。

旅日記終わり。


合宿(楽器なし)二日目

二日目
旅館をチェックアウトしドライブしながら観光してまわろうという事でまずは「一の瀬焼」の窯元を見学しに行く。
ichinoseyaki.jpg
焼き物は親が好きだった関係で小さい頃から馴染みがあったが、最近は陶器市なども何年も行っていないので新鮮でした。3件ほど窯元を覗く。
その中で「雲水窯」だったと思うが、そこの主人がろくろを回しているところを見せてくれた。
みるみると形作られるのが見事、流石職人カッコイイ。

●その窯で乾燥段階だと思われる梟たち。
fukurou.jpg

一の瀬焼を後にし、棚田を見に行く。
「つづら棚田」といわれる棚田。日本の棚田百選の一つに選ばれている。
かなり前の話だが仕事で棚田のHPを作った記憶があり、今もあるのかちょっと検索してみたが見当たらず残念。
tanadada2.jpg
tanadada.jpg

棚田の次は「調音の滝」へ
最近アサデスでとりあげられた影響かもしれないけれど、人が多くびっくり。
そのほとんどが小さい子供をつれた家族で、川遊びをしに来ていたみたい。
人がワイワイいたので風情を楽しむというわけではなかった。

●バンマスにおごってもらったラムネ
lamune.jpg
150円くらいしたかな?ビンは返却せんといかんし、ビンが重いけど意外と中身少ないし、ちょっと高いような気が・・・ブツブツ(←セコッ)懐かしさを楽しむというので100円分くらいの付加価値がついていると考えよう。

●調音の滝
tyouonnotaki.jpg

ここでクルクルとまわっている流しソーメンを食べている人を見て「クルクルはちょっと・・・」と敬遠したが、これが後にあんな事になろうとは誰も想像していなかった・・・(つづく)

Home > おでかけ・旅行

携帯でご覧になる方はこちら
QRコード
天気予報

かさ忘れてない?
-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。